紫外線が与える肌の影響

紫外線が与える肌の影響

 

 

夏になり最近よく紫外線という言葉を耳にする機会が増えて来たと思います。
紫外線は一年中降り注いでいるものですが、実際にどんな影響があるのでしょうか。

紫外線が与える影響

1乾燥
紫外線でダメージを受けた肌は乾燥し、肌のバリア機能も低下します。
肌触りもガサガサしたり、ごわごわしたりするが分かるかと思いますが、こちらが乾燥している状態になります。
2老化
紫外線の影響によって傷ついた繊維が形成されてシワになってしまいます。
その他にも紫外線の影響によってたるみ、しみなど様々な悩みの原因になります。
その他にも肌だけではなく目の病気や、免疫力の低下などの原因にもつながります。
なので、ダメージが重なり、手遅れになる前に紫外線対策をしかっり行いましょう。

紫外線対策

紫外線対策にも様々あります。
日焼け止め→日焼け止めにも塗るタイプやスプレータイプ、効き目の効果なども様々なので、外出時間や用途によって使い分けましょう。
その他にも帽子や日傘や、アームカバーなど対策は様々なので、自分に合ったものを選びましょう。

その他の紫外線対策

 

普段気を使って紫外線対策をしているけど、もっと徹底的に対策がしたいという方や、逆にどんな対策をしていいか分らないという方は一度ジュボワールにお越しください。

お肌ケアの体験や、カウンセリングのみのご来店も可能となっております。

 

関連記事

PAGE TOP